HOME > 製品・サービス > 抗体職人TOP > 抗体作製の実績
製品・サービス

抗体職人モノクローナル抗体の作製実績

抗体職人のモノクローナル抗体作製サービスは、動物に依存しない独自の抗体作製技術(HuCAL®テクノロジー)により、抗原を高い自由度で設定できるため、抗原のわずかな違いを認識する抗体、あるいは抗原への結合部位を絞り込んだ抗体等、目的に合致した特殊な特異性を持つ抗体も作製いたします。 HuCAL®テクノロジーは、全世界で10年以上の実績があり、14,000もの抗体を作製しております。ここ3年間の成功率は90%以上を誇り、多くの製薬企業等で採用されています。

モノクローナル抗体作製例(プロトコール付き)

new
リン酸化修飾を見分ける抗体  »詳しいプロトコールはこちらをご覧ください。
リン酸化で修飾されたエピトープのみに結合する抗体を作製することが可能です。セレクションを行う際に、リン酸化の修飾を受けていないペプチドを過剰量で前処理することで、ライブラリから非リン酸化抗原に結合するFab抗体を予め取り除きます。
末端の数アミノ酸を見分ける抗体  »詳しいプロトコールはこちらをご覧ください。
N末端(あるいはC末端)の数アミノ酸しか違いがない2種類のタンパク質の内、数アミノ酸が欠損したタンパク質のみを識別する抗体が欲しい場合も、ペプチド抗原を用いて作製することが可能です。例えば、10アミノ酸のペプチド抗原と、2アミノ酸を欠いた8アミノ酸のペプチド抗原を用意し、この抗原の差し引きでパニングを行います(subtraction strategy)。

その他の抗体作製例

  • 翻訳後修飾やアミノ酸の置換・欠損を識別する抗体Fig.2, Fig.3
    リン酸化や酸化などで修飾されたエピトープのみに結合する抗体を作製することが可能です。セレクションを行う際に、リン酸化などの修飾を受けていないペプチドを過剰量で前処理することで、ライブラリから非修飾抗原に結合するFab抗体を予め取り除きます。同様な方法で、一アミノ酸変異に特異的な抗体も作製できます。

  • 相同性のあるタンパク質も認識する抗体Fig.6, Fig.7
    相同性のあるタンパク質を両方ともご提供頂ければ、どちらのタンパク質も認識する抗体を作製いたします(alternate screening strategy)。2つの異なるアイソフォームを持つタンパク質の両方を認識する抗体が必要な場合やマウスとヒト両由来のタンパク質を認識する抗体が必要な場合におすすめです。

  • 特殊な環境下で結合する抗体
    Antibodies that bind antigens under special conditions
    アッセイを行う状態と同じ環境で、抗原にライブラリを作用させて抗体をセレクションすることが可能です。変性状態、あるいは特殊な環境下で天然構造をとる抗原などにおすすめです。

  • アッセイの例