HOME > 製品・サービス > 抗体職人TOP > サービスについて > 抗体フォーマット
製品・サービス

抗体職人抗体フォーマット

Fab抗体フォーマット・タグの組合せ

抗体職人のモノクローナル抗体作製サービスのスタンダードな抗体作製でご依頼頂いた場合、Fab抗体フォーマットとタグの組合せは下表からお選び頂けます。 表以外の組合せやアプリケーションによるFab抗体フォーマットの使い分けは、サポートのページをご覧ください。 また、表に含まれないフォーマットの抗体がご希望の場合は、ベクター構築料が別途必要となりますのでお問い合わせください。

フォーマット 精製用タグ その他
1価

1価のFab
His Myc
Myc(Thrombin Cleavage Site 入り)
Flag
Strep Flag
Flag(重鎖-軽鎖間に S-S結合)
2価

2価のFab
His Myc
Flag
AP-Flag
Strep Myc
AP
AP(重鎖-軽鎖間に S-S結合)
Flag


Fab抗体のIgA, IgE, IgG, IgMへの変換

抗体職人のモノクローナル抗体作製サービスで作製された抗体の遺伝子は、モジュール化されているため、幅広い抗体のフォーマットを選択可能であることはもちろん、様々なタグを付加したり、様々な相手との融合タンパク質を作製することが可能です。候補抗体が決定されれば、Fabのフォーマット変更や別の免疫グロブリンアイソタイプへ容易に変換できます。

Fc領域が必要な場合、候補抗体のFabを全長のヒト、ヒト-マウスキメラ、あるいはヒト-ラットキメラの形に変換し、10週間以内に精製IgG分子をお届けいたします。ご希望の定常領域とともにVHおよびVL領域の遺伝子をベクターにクローニングした後、軽鎖および重鎖のベクターを哺乳類細胞へ同時導入し発現させます。
<Fc領域> FabからIgG変換"
  • ヒト

  • IgA
    IgE
    IgG1, IgG2, IgG3, IgG4
    IgM

  • マウスまたはラット

  • IgG1, IgG2a